バイアグラの副作用には要注意

バイアグラを飲むと血管が拡がり、血流がよくなってEDの症状が改善されます。陰茎の血管が拡がりにくいと勃起しにくくなるため、セックスを楽しむためにはバイアグラがあると安心です。

しかし得られる効果だけではなく、副作用について知っておくことも重要。
バイアグラは通販で簡単に手に入る医薬品であるがゆえに、起こりうる副作用について確認しておかなければいけません。

曖昧な知識のまま服用すると、強い副作用に悩まされることになるかも・・・。
そのようなリスクを回避するためにも、バイアグラを服用する上での注意点を確実に押さえておきましょう。

バイアグラの副作用は誰にでも現れる!

バイアグラの副作用について
元々の体質というものには個人差があり、それによって薬との相性も変わってきます。効果を実感しやすい人、そうではない人が居るのです。

しかし医薬品の副作用というものは誰にでも現れます。効果が強ければ強いほど副作用は現れやすくなるため、バイアグラのように血管拡張作用があるような薬は特に注意が必要です。

バイアグラの副作用は様々ですが、どれも血管が拡がり血流量が増えることで起こるものです。
頭痛・ふらつき・動悸・火照り・鼻づまりなど、効果が続いている間は副作用も続いてしまいます。
中でも頭痛を感じる男性は多く、セックスに集中できないくらいの痛みが出るケースもあるようです。

しかしED治療薬はどれも同じような作用のもの。これらの副作用はバイアグラに限った症状ではありません。
服用する薬の量を半分にするなど、効果をある程度抑えることで副作用も最小限に留められます。

痛み止めで頭痛緩和

バイアグラを飲んで現れる副作用の中で、最も発生頻度が高いのが頭痛です。しかし頭痛は普段服用しているような痛み止めで対処できるため、バイアグラで頭痛が出やすいという男性は試してみてもいいかもしれません。

市販の頭痛薬などで構わないので、バイアグラと一緒に服用してみましょう。痛み止めの中には食後に飲むものもありますが、バイアグラは食前(空腹時)でなければ効果に影響が出てしまうため、胃を保護する目的で胃薬も準備しておくといいですよ。

バイアグラと一緒に飲めない薬

バイアグラの併用禁忌薬
バイアグラユーザー、そしてこれからバイアグラによるED治療を目論んでいる男性は、併用禁忌薬について知っていますか?

併用禁忌薬、つまり一緒に使ってはいけない薬のこと。バイアグラは一緒に服用すると体に害が及びかねない薬があるため、それを理解した上で購入する必要があります。

最も注意すべきは硝酸剤で、主に高血圧や狭心症の治療などに用いられます。
硝酸剤には血圧を下げる効果があるのですが、実はバイアグラにも同じような作用を持っています。併用すると危険なレベルまで血圧が低下し、過去には硝酸塩とバイアグラを併用した男性が死亡してしまうという例もあるのです。

他にもニトログリセリン系塩酸アミオダロン系の医薬品も併用禁忌薬に指定されています。
自身が服用中の薬を確認し、併用可能かどうかを確実に把握しておきましょう。薬の詳細がわからない場合は医師に相談することをおすすめします。

持病がある男性必見!バイアグラを飲んではいけない病気とは

バイアグラには血管拡張作用があります。そのため血管系の疾患がある男性は服用を避けなければいけません。
健康な血管は拡がっても特に問題はありませんが、何かしらの問題を抱えた血管は脆くなり、バイアグラの成分が作用すると破れてしまう恐れがあるため、持病があるなら必ずかかりつけの医師に相談し、指示を仰ぎましょう。

・過去半年以内に脳梗塞や心筋梗塞などを発症した方
・重度の肝機能障害を患っている方
・心血管疾患の治療中の方

以上に該当する場合はバイアグラを服用できない可能性が高いので、まずは医師に相談することが大切です。

バイアグラ以外の薬を試すのもアリ

バイアグラはED治療薬として効果が高いとはいえ、人によっては身体に合わないと感じることもあるでしょう。

そのときはバイアグラだけではなく、他のED治療薬にシフトすることも検討してみるといいですよ。レビトラシアリスも世界的に有名で、多くの愛用者がいる薬です。それぞれバイアグラとは異なる特徴を持っているため、比べてみて相性がいいものを選択することをおすすめします。

EDは男性にとってプラスにはなりません。いち早く改善させるためにも、自分に合う治療薬で効果的な治療を行うことが大切です。